会社方針

経営理念

五訓
建設は、世のため人のために奉仕して利益は、その当然の報酬なり
建設業は、営業技術と製造技術と管理技術である
企業は利益の追求であり仕事ををするためではない
会社の反映と従業員個人の幸福は一致する
安全は常識の適応であり会社と従業員を守るためにある
                             


ごあいさつ

 当社は1968年6月創業以来、地域社会とつながりながら建設土木事業一筋に取り組んでまいりました。
当社の名前の由来である「敬和」「親和」「協和」の社是と経営理念の五訓を精神の基本として、上・下水道や造成、道路工事等、人々の日常生活と密着したところで活躍できる事を誇りとし、自然と調和に基づく人々の生活向上に貢献する事が私たちの使命ととらえ日々、技能、技術の向上に努めております。
今後とも、この原点を忘れることなく、社員が希望を持って働く事の出来る環境作りを重視し、これからも地域の皆様に愛され、信頼される企業であり続けたいと思っております。

                                              代表取締役 佐藤 ひとみ

品質・環境方針

当社は土木施工業務を通じ、顧客満足の最適化を図り、地球環境保全に貢献し、会社の繁栄と従業員個人の幸福度を高めるため、次の事項を実施する。

1.顧客要求事項を満たすために要求事項を順守し、営業技術、製造技術、管理技術を向上するように努め顧客満足うを得るようにる。
2.関係法令・条例および当社が同意するその他の要求事項を順守する。
3.地球環境の汚染の予防と環境保全を考えて次の事項を実行します。
 1)産業廃棄物および建設副産物の適正処理を行う。
 2)施工において地域の環境配慮の提案と推進
 3)重機・建設機械の大気汚染と燃料消費の低減をおこなう。
 4)教育・広報活動を通じ事業活動に係る、すべての者の環境意識を高める。
4.この方針を実現するために定期的なマネジメントレビューを実施し、継続的改善を図る。
5.安全は常識の適応であり会社と従業員を守るためにある。
6.この方針は社内外に公表する。

                                                       2012年5月1日

年次有給休暇の半日単位・時間実施単位取得および取得状況を現状より改善するための行動計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
  平成26年12月1日~平成30年11月30日までの4年間

2.内容
 目標1:平成30年12月までに所定外労働を削減するため、年次有給休暇の半日単位・時間実施単位取得を実施する。
 目標2:平成30年12月までに、年次有給休暇の取得状況を現状より改善する。

 <対策>   
  ・平成26年12月~ 所定内労働の現状を把握
  ・平成27年 6月 ~ 社内検討委員会での検討開始
  ・平成27年 8月~ 年次有給休暇の半日単位・時間実施単位取得の実施
           有給取得予定表の掲示や取得状況のとりまとめによる取得推進のための取り組みの 開始
           管理職への研修(年2回)及び毎月の定例会議による社員の周知

                                                    2014年11月27日